FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しております、よろしければクリックお願いいたします


観賞魚店

ブログは更新しておりませんでしたが、室内でそれも熱帯魚専用の部屋で金魚を飼うのは難しかったのか、多くの江戸錦を★にしてしまいました。
ベランダの大規模修繕も終わり、FRP水槽をベランダに置いて飼育しておりますがそれ以降は問題ないようです。

先日、仕事帰りにどこか金魚店でもあればと思い、ネットで検索していると見つかりました。
電話をかけると、普段は18時半でお店を閉めますが19時まで開けて待っています、江戸錦はあまりいいのはいないがぜひ一度見に来てくださいという店主の熱意に押されて仕事の帰りに早速行ってきました。

行ったお店 → ここをクリック

車で行きましたがとにかくお店の周囲は道が狭くて一方通行で運転が大変でした。
駐車場もありますが、下が土でおまけに大きな水たまりがありこれにはまるといけないのでそれを避けながら停めるのも大変でした。
お店に入るとディスカスの入った水槽が目につきましたがそれには店主の方に江戸錦を見せていただきましたがいいのがおりませんでした。気のいいおじさんでしたのでこの店で何か買えるものがあればと思っていると水槽はスポンジフィルターを使用して濾過していたようですので、それを買いたいというとお店に何個か在庫がありまとめて購入しました。
関東東錦を見せていただきましたが良し悪しが分からず購入しませんでした。
ディスカスもおりまして「安くするから持って行ってよ」と言われましたが、感染のことを考えて私は決まったお店からしか購入しないことを話すと納得されておりました。購入する気はないので値段は聞いておりませんがかなり安くなるような印象でした。お店(船橋市)の近くの方がいましたら一度行ってみるのもいいかもしれません。前もって電話しておくといいと思います。



ranchu_20120426083252.jpg
らんちゅう (袋に入ったままの状態で撮影しました)
店主のおじさんは自分のところで繁殖させた協会系?(確かこんな名前だったと思います、らんちゅうは詳しくないのですいません)の魚で2歳と言っておりました。安くしておくよと言われてまあ見るだけと思ってみてみたら可愛い顔と形の魚でしたので上記写真の魚を購入しました。私、らんちゅうに関しては鑑識眼が全くないので(江戸錦もですが(笑))どうかはわかりませんがまあ自分で気に入って飼育するならいいかと思いました。
果たして皆さんだったら幾らくらいだったら購入するのかと気になりました、私はらんちゅうの値段というのが分かりませんが少し気になりました。











にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しております、よろしければクリックお願いいたします


theme : 江戸錦飼育日記
genre : ペット

comment

Secre

しょうさんへ

こんばんは。ディスカス趣味の衰退はしょうさんの御指摘の通りだと思います。販売側が将来の展望なしに極度の目先の利益に走った結果、最終的にはディスカスは全体としてみると価格競争が起きて価格が暴落、販売側も
自分で自分の首を絞めてしまい、客側もそのような状況を見て取って嫌気がさして辞めた人も多いのではないでしょうか。値段が安いということ自体はいいことなのかもしれませんが、客は自分の飼育しているディスカスとほとんど同じものが次の年には何分の一かになっていたなら買うのはアホくさくなるというものです。
ディスカスという趣味の素晴らしさやディスカス趣味を通しての仲間とのつながりなど、ディスカス趣味から得られるものや楽しさを教えてくれるようなプロがいなかった、あるいはそのような方がディスカス界を引っ張っていかなかったことがディスカス界の不幸、そして現在も続く衰退の一因だと思います。
上手い表現ではなく誤解を生む恐れがありますが敢えて言えば、お客を育てるという感じのお店がほとんどないのではないでしょうか。技術があっても人間として問題がありとてもじゃないがついていけないような人、いいことを言いながら言っていることとは全く違っている例えばそれは売ってはプロとしては失格だろうというような人もいるようです。
一度暴落したディスカスについては暴落した品種についてはかつてのような値段にはならないでしょうし、客もそんな値段の魚にお金を出さないでしょう。しかしブランドイメージを保って価値を下げていないものには将来には希望はあると個人的には思います。今後はディスカスショップの淘汰も進み、プロ達がまとまらなければ、そこまで言いすぎなら一部の無意味ないがみ合いを辞めなければどうにもならない時がいずれは来ると思います。そのような時にプロ達が心の底からディスカス界を思うことが出来るかでしょうね。
ディスカスという魚には魅力がありますが、それを取り巻く世界やディスカスを趣味としていくことに楽しさや面白さを感じない、ディスカスの魅力が十分に伝わってないというのは悲劇ですし、プロ達の怠慢である面も否定できません。
しょうさん、私のディスカス飼育技術を過大評価しすぎですよ(笑)。
相模大野の店長さんの言われることに従って飼育していたのと、引っ越しを機に店長さんに組んでいただいたオーバーフローシステムが私の飼育スタイルと上手くかみ合っているだけで、店長さんの教えが上手というだけです。
WR19LSは店長さんに任せて、私はWR78LSに興味があり、これは個人的に非常にいい品種だと思いますのでこれを使って繁殖させたいと考えております。

WWFF

おはようございます。 もりげんさんの飼育技術ならオリジナルの作出もできると思いますよ。ぜひともWR19LsでビッグスポットWR19Ls作出を目指して下さい。自分もやってみましたが失敗でした。(WR19Ls×WW20は成功しましたがあまり綺麗な魚は出来ず)
ディスカスの衰退は日本の販売側の原因が一番大きな原因と思います。WWFFが流行れば皆WWFFえを買い付け、ペナンが良ければペナンへとお金儲けだけの販売しかしていない店が多いので1部のディスカスの素晴らしさを教えていただける店が一握りしかないのが難点だと思います。 昔こういう話がありましたあるバイヤーが香港WWFF(ロー氏時代)に買い付けに行き、日本に出荷するディスカスと台湾向けに出荷するディスカスの値段の違いに驚き、(日本出荷の値段のほうが以上に高い)、ロー氏に質問したところ、日本人は1つの水槽からいい個体ばかり抜いて買うので、抜いた後の水槽の魚の処分品を台湾へ出荷するので台湾出荷便は値段が安いといわれたそうです。 たしかに昔はWWFFの魚を取り扱っている販売店がいっぱいありましたが、あまりにもディスカスの扱い方を知らない販売店が多かった事がディスカス衰退への始まりだったと思います。もりげんさんには適切な助言をしてくれる販売店さnがあって羨ましいかぎりです。私の近くにも昔はディスカスの素晴らしい飼育技術をもった販売店がありましたが、経営難になり廃業しました。その販売店の廃業から私のディスカス熱は冷めていき、ディスカスを辞めることになりました。 今ではたまに、熱帯魚屋さんにいってもディスカスを販売していない店が多くなり、悲しい限りです。なぜ売っていないのか聞いてみると手がかかるわりに、儲からないからという返事が多いのです。 ディスカスは錦鯉、らんちゅう、国産グッピーと並ぶ素晴らしい観賞魚だと私は思います。 またもりげんさんには素晴らしいWR19Lsを拝見させていただきたく熱く語ってしまいました。 アッ江戸錦のブログでしたスイマセン 

しょうさんへ

ディスカスは一部が無理やり盛り上げようとしているようにも見受けられますが、大きな流れとして衰退に向かっていると思います。
安かろう悪かろうで安価な粗悪な魚が出回り、アマチュアでも容易に大きく出来たり繁殖が容易なものが増えてきていますので人気も無くなってきたのでしょう。
人はだいたい安く買ったもの対しては扱いがぞんざいになりますが、高いお金を出して買ったものは大事にするものですから安くなったディスカスについてはそのような扱いになるのも仕方がない面があるかもしれません。
らんちゅうは品評会も盛んで、何を以ってよしとするかという価値観が確立されているので趣味として楽しいのでしょうね。しょうさんも御存知のようにディスカス乃趣味を私がこうして片隅でひっそりやっているにもかかわらず、私が持っている本物のW.W.F.F. WR19LSに対して、偽物だのお前は騙されているなどと言ったようなことを言う輩がいるわけですから後は推して知るべしです。こんなのばかりではディスカス趣味の輪は広がらないと思います。
らんちゅうの趣味人口が多く衰退しないのは、買い屋さんのような方、自分で大きくされたのを品評会に出される方など色々な価値観の人を受容するような多様性がありおおらかなのでしょうね。まあ、品評会でも人が多いとそれだけ色々と問題が起こる可能性もあると思いますがそのような大らかな面もあって広がりがあるのではないでしょうか。らんちゅうに対する思いの根本的な部分が互いに共感できるところがあるためにあれだけまとまっていると思いますし、いざとなれば団結できるのでしょう。
ディスカス界はプロ、アマの区分が明確でないと思われ(プロ以上にアマチュアもいると私は思います)、先述のような一部の心ない人間が自分が一番と思うのはそれはそれで構わないのですが(それぐらいの自負や覇気は必要)、他者に対しての容赦ない攻撃、そして寛容性のなさは品がなく見苦しいものです。こういった輩をのさばらせておけばディスカス界には未来はないでしょう。しょうさんがディスカスの趣味に見切りをつけて辞めたのはなんとなく分かった気がしました。
私はW.W.F.F.のディスカスを良しとする価値観の人としか極力付き合わないようにしているのもそのためです。他所で喧嘩や罵り合いをするのは勝手ですが私に喧嘩を売るような心ない人もいますのでできるだけそれは避けたいと思ってこうしております。私は今後は相模大野の店長さんが繁殖させたW.W.F.F.系のディスカスや彼が良しと思うディスカスを飼育していくことになると思います。
私はオリジナル品種を作出出来るほどの能力はないですよ。WR19LS、WR37S、WR78LSなどの赤のスポット系の魚を継続して末永く飼育したいものです。
江戸錦を飼育するのにらんちゅうを学ぶのは決して損にはならないと思うのですが身近に実際にお会いして教えを請う師となるべき方がいないのが辛いです。
しょうさんのような優しい方が身近におられたらと思うと残念でなりません。


No title

たしかにディスカスの値段は暴落しましたよね。
私がやっていたころはWB22の5センチが7~10万くらいで、売っていました。でも初期のWWFFは凄く安くていい魚ばかりだったと聞いたこともあります。(ドイツターコイズやワットレーターコイズが全盛の時代)
ディスカスは売れないからもう置いていないなんてペットショップが今は多いですね。あとこの頃はハートタイプ(尾びれを切る)やどう見ても綺麗とは思えないハイフィンすぎるディスカスを見るととても残念な気持ちになります。もりげんさんにはこれからも素晴らしい魚を飼っていてもらいたいものです。あと購入したらんちゅうですが水槽で横見で飼ったほうがかわいいですよ。らんちゅう愛好家には買い屋さん(買ってすぐに品評会に出品する)も結構居ます。毎年高級車1台は買える金額をらんちゅう購入に使っているなんて方もおらっしゃいます。でも一番面白いのは自分で子引きをし、選別しながら1年かけてらんちゅうを作っていき、秋に自分の作ったらんちゅうで品評会にだして自分の力量を試すほうが面白いと私は思います。私がディスカスを辞めた理由もそこにあるんですけどね。
ディスカスでオリジナルを作って認められるブリーダーは今日本にはもういないですね。 モルフォとかシラセサンダーフラッシュとか昔は面白かったんですけど、今はすべてコピーしかないので是非、もりげんさんオリジナルディスカスを作成して下さい。 (昔の人から言わせればWWFFもドイツターコイズのコピーじゃないかとは言っていましたけど)
らんちゅうの良い物(品評会用)はらんちゅう専門の養魚場か愛好会で無いとあまり売っていません。 そのらんちゅうで¥3000は高額すぎですね(老人虐待してOK)
らんちゅうの品評会を見学しにいくと面白いですよ。(変人がいっぱいいます。)

しょうさんへ

こんばんは、しゅうさん。
ひさびさのブログの更新です。
W.W.F.F.の一時閉鎖は残念ですが、これも時代の流れだと思います。
ディスカス自体もコンテストなど一部では盛んですが、総合ペットショップに行くと熱帯魚の中でのディスカスの位置付けがよく分かります。
我が家の自家繁殖の魚はまあアマチュアのクロス物ですが繁殖技術を磨いて最終的には店長さんのように純系WR19LSが繁殖出来るのが夢です、見果てぬ夢だというべきでしょうか。
写真のらんちゅうについては店主は店頭で5000円で出していると言ってました、他だと10000円くらいするとか言ってましたね。協会系の自家繁殖物だと言ってました(宇野系は大きくならないから売れないとも言ってました)、他に多くのらんちゅうがいましたがいいのは売れてしまったらしいので少し値切ると3000円でいいと言ってましたので、色々と話を聞いているうちに気の毒になってこれ以上値切る気にもならず(老人虐待になるかなと(笑))3000円で購入しました。もう少し値切っておくべきでした(笑)。
江戸錦を飼育する上でらんちゅうについて形など自分なりに勉強しましたがまだまだ鑑識眼が未熟ですね。
そういえばちょっとした総合ペットショップでらんちゅうが高値で売っていましたがそれらがしょうさんがおっしゃるような値段で出ていたので種用とか品評会用なのでしょうか?先日深見産江戸錦を購入した江戸川区の堀口養魚場でもらんちゅうが売っていましたが、それらが種用とか品評会用なのでしょうか?
らんちゅうはディスカスに比べると飼育人口も多く、品評会も盛んでらんちゅうの評価の仕方も確立しているのでいいのでしょうね。
らんちゅうが1匹50万円ですか。ディスカスと違いいいものは値段が落ちないというのは凄いです、ディスカスなんて全体で見ると以前に比べて値段が暴落しているのもディスカス人気の衰退の一因かと思います。
50万円のらんちゅうだと買ってすぐに品評会に出すと上位入賞できるのではないかとアホなことを考えたりしております。

No title

ひさしぶりの更新ですね。WWFFについてはとても残念ですね。自家繁殖魚でも素晴らしいディスカスを飼っていらしゃるんで頑張って下さい。ところでらんちゅうの評価ですけれども写真のらんちゅうでしたら¥1,000~¥2,000くらいの観賞用という評価ですね。らんちゅうは特殊すぎる金魚なので種用なら¥50,000~、品評会用なら¥100,000~くらいが相場のようです。
私も買い付ける時は¥100,000からの話で買い付けします。有名なブリーダーからの購入ですと¥500、000くらいが当たり前の値段ですね。江戸錦は年々いい魚が減ってきている感じがします。あとらんちゅうには下手をするとディスカス以上に餌代と水代がかかります。私も餌は1年に冷凍赤虫を30kg以上使用し、水も2日おきに1tずつ水替えします。
たしかにらんちゅうにハマルと抜け出せなくなります。その一番の原因は品評会と愛好家の数だと思います。毎年あの人に負けたくないと言った競争心で、ハマっていくんだと思います。私も抜け出せなくなった1人ですので
あとらんちゅうには協会系と宇野系が存在します。江戸錦頑張って下さい。



プロフィール

もりげん_

Author:もりげん_
金魚が好きで、中でも江戸錦(えどにしき)という品種が好きで飼育しております。メールの宛先は aerocabin@mail.goo.ne.jp でお願いします。
[注意事項]当ブログ内で使用している画像、ならびに文章は転載、コピー厳禁です。(無断複写、転載を禁じます)

リンク
関連ホームページ・ブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。